学歴はあったほうがいい?いらない?大学へ進学するのメリットとは

ライフハック
スポンサーリンク

大学は行ったほうがいいと思いますか?また、子供に「大学なんか行きたくない。働きたい。」と言われたらどう答えますか?

私は、子供の頃、大学に行くよりも、早く働いたほうがいいんじゃないかと思っていました。そのことに対してあまりピンとくる回答を聞いたことがありませんでした。

大学には、行くことができたのですが明確な目的やビジョンがあったわけではありません。漠然と大学に行ったほうがいいのかな、で通っていました。しかし、今だと大学に行ったほうがいいというメリットは答えられます。

このことは、ひろゆき氏の著書無敵の思考にも同じようなことが書いてありました。

今回は大人になったからわかった大学に行ったほうがいいという理由をご紹介したいと思います。


こんな方にオススメ

  • 大学に行くメリットがわからない方
  • 「なんで大学に行ったほうがいいの?」といわれたら何と答えていいかわからない方

 

大学には行けるなら行ったほうがいい

経済的な理由などありますが、もし、いけるのであれば大学に行ったほうがいいです。学生の時は「大学で学ぶことがその後の役にたつのか?仕事を早めにやって実績を積んだほうがいいのではないのか?」など、自分の視点で考えてしまいます。

しかし、実際に大切なのは、社会から見たときに大学卒業していると「大学に入学するだけの努力と学力、卒業までするだけの努力と学力を持っている」という証明書になる、ということです。

 

大学の試験は平等

推薦入試などもあり、大学によって違いも多少ありますが、基本的に大学は同じ条件で、同じ問題を解きます。

なので、自分が興味がないような、面白くない問題に対して正しい答えを出すための考えができているか、覚えたくないことでも効率よく覚えることができるか、など、将来の自分の姿を考え、理不尽なことでも耐えて答えを導き出せるということを試されます。

大人はそのことを知っています。大学に合格できたということは、あなたのことを知らない人からしても大学入試というミッションをクリアするだけの能力があるという証明になるのです。

入社の面接のときにはあなたはどんな人間かわからない

会社の採用に携わり、入社希望の人の履歴書などを見るようになるとわかりますが、履歴書からはその人の情報はほとんどわかりません。そして、たくさんの希望者がいれば、その履歴書を見る時間も少なくなります。

履歴書で重視されるのは、その人の職歴と学歴です。同じ業種であればもちろん、前職の職歴と実績が重視されますが、若くて経験があまりなく、これから実績を積みたいのであれば、当然誰もが知っている大学名が学歴にあったほうが有利になります。

あなたが面接をする立場の人間だと仮定してください。

10枚の履歴書があり、ほかの人が高卒の中、一人だけ東京大学卒だったら、とりあえずその人は面接してみようと思うのではないでしょうか。

面接は、お金を稼ぐ能力が高い人選び、採用することが目的です。この場合、書類の時点では東京大学卒の人が能力が高いことを証明しているからです。

もちろん、直接あってみたら人柄や経験などが大事ですが、まずはとっかかりとしては誰もが知っている大学に行っているというのは名刺代わりになります。

自分が働きたい会社へ入るチャンスが広がるので学歴があったほうが有利といえます。

 

子供のころから明確な大きい目標と努力を重ねているなら学歴はいらない

もちろん、中卒から働いて、自分で会社を興して年商何億円と稼ぐ方はいると思います。もちろん熱い情熱や、行動力にあふれる人は学歴関係なく稼ぐことはできます。

また「プロ野球選手になる!」など大きな夢や目標がある人は、もうその時点でどうすればプロ野球に慣れるか考えるので学歴などははじめから考えません。

しかし、多くの人が紆余曲折を重ねながら、いろんな経験を積んで成長していきます。大きな夢に向かって努力をしていないのであれば、とりあえず大学に行って能力の証明書を手に入れたほうがいいと思います。

働く時間は長い、大学4年間は働く以外のことができる貴重な時間

学生の時は勉強が嫌なので受験をしたくないし、大学の4年間を働いてお金を稼いだほうがいいと思うのは当然です。しかし、よく考えると一度社会人になると今だと70歳くらいまでは働き続けることになるかもしれません。

大学の4年間が働く前の自由にできる貴重な時間です。もちろん、勉強が忙しくて何もできないかもしれませんが、社会人になると本当に日々時間に追われます。長期の夏休みもほとんどありません。

若くていろいろなことが吸収できる時期に、働く以外の体験をしておきましょう。その時期にできた仲間とその後長く縁が続くかもしれませんし、一生楽しめる趣味に出会かもしれません。なので、そういう面でも大学にいけるのであればいったほうがいいかもしれませんね。

 

ひろゆき氏の著書無敵の思考にも同じように大学にはいけるなら行ったほうがいいということが書かれています。それ以外にも面白い考え方が多数かいてありますので興味があれば読んでみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

学歴があったほうがいいメリットをご紹介いたしました。

自分の目線が中心で、社会から見たときにどう見えるかどうかまでは子供の時はなかなか考えられません。

体感しないと伝わらないことだとは思いますが、結構大事なことなので伝えられるといいなとは思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました