雨の日のメンズビジネスシューズなら合皮の靴がコスパのいい理由

節約
スポンサーリンク

雨の日の靴は何を履いていますか?

キャンパス地の靴だと当然雨水が染みてくるし、レザーのシューズは濡れると手入れが大変…。

かといってレインシューズや長靴だと仕事に履いていくにはちょっと仰々しい。女性であれば多少かわいいものがありますが、男性用だとアウトドア感が強いものが多く、仕事に履いたり、おしゃれでは履くのにはなかなか向かないものが多いです。

雨用の本格的な防水加工の靴は結構な値段もするし、本当に何を履いていいか難しいですね。

私は雨の日にどんな靴を履くといいのか、長年悩み、様々な靴を購入して履いてみました。そして、合皮レザーシューズが金額と性能のバランスが一番いいのではないか、という結論に達しました。

今回は雨の日に履くべき靴とちょっとした工夫をご紹介したいと思います。

こちらの記事を参考に選んでいただければ、雨の日でも足元を快適に過ごしていただけるのではないかと思います。

 

合成皮革シューズのメリット

合成皮革とは、人工的に革に似せて作られた素材のことです。フェイクレザーや合皮などともいわれています。
革という言葉が含まれていますが、天然のものではありません。

合成皮革(ごうせいひかく)と人工皮革(じんこうひかく)に分けられる。

合成皮革は、天然の布地を基材とし、合成樹脂を塗布したものである。

塗布剤にはポリ塩化ビニル(ビニール、PVC、Polyvinyl chloride、ポリビニールクロライドと表記)やポリウレタン(PUやPolyurethane、ウレタン樹脂、ウレタンゴムと表記)が、含浸剤にはポリウレタンがよく使われる。

また、表面加工により、スエード(起毛)と銀面に分けられる。

ウィキペディア

合成皮革のシューズにはこんなメリットがあります。

 

1.雨など水に強い

合皮のシューズは本革素材より雨に強く、濡れても拭いて水分をしっかりとっておけばそれほど問題ありません。
また、合成皮革にクリームを塗ってもほとんど効果がないのでそういった手入れも必要ありません。

2.天然皮革のシューズより安い

一般的に、天然皮革よりも安価なものが多いです。もちろんものにはよりますが、安価で手軽に手に入るのは大きな魅力です。私は晴れの日用には本革素材のいい靴を履き、雨の日はメンテンナスが少ない天然皮革のシューズを履くという風に使い分けています。

3.デザインも普通の靴と変わらない

長靴であったり、しっかりとした防水加工のレインシューズは雨の侵入を防ぐ目的があるため、どうしても雨を防ぐという目的のため、見た目にも雨用の雰囲気が出てしまいます。

普通の合皮のシューズはデザインは普通の靴として作られています。なので、完全防水ではないですが、基本性能として雨が入ってきません。なので、普段の仕事や、街で履くシューズでありながら防水機能もあります。

 

これらから総合的に考えると

雨に強い+金額が安い+デザインが普通の靴

という3点から雨の日に履く靴としてのコストパフォーマンスが高いといえます。

 

私はGUのアクティブスマートダービーシューズを愛用しています。

シルエットも細身ですっきりとしており、ちゃんとしたビジネスシューズが求められる方だとわかりませんが、それほど会社が厳しくないのであれば問題ないかと思います。

もちろん、ビジネス以外のカジュアルなときでも決まります。ブラウンなどだと若干合皮感が出て、チープな感じもでますが、ブラックであれば見た目は天然合皮のものにおとらないと思います。

値段も3000円以内で購入きます。GUは店舗も多いし、定番化しているので劣化してきたら買い替えることも割と容易にできます。

 

防水スプレーを使って雨水を防ぐ

雨に強いとは言え、長時間雨水にさらされると染みてきます。そこで、私は雨の日は合皮のシューズに防水スプレーをかけてから出かけています。これで染みたことはほとんどありません。雨が降りそうな日は家を出る前に防水スプレーをしっかりしておきまししょう。

 

合成皮革シューズのデメリット

1.蒸れやすい

外からの水は張ってきませんが、内側からの水分の発散されないので靴の中は蒸れやすいです。長時間履き続けるのはなかなか厳しいかもしれません。

2.伸びにくい

天然皮革のシューズは自分の足の形に合わせて伸びてフィットしていきますが、合成皮革のシューズは履き続ければ若干は緩くはなってきますが、基本的に皮があまり伸びません。履き心地も天然皮革と比べると固いのであまりよくないかもしれません。

3.長持ちしない

皮のシューズはいいものを長く使うイメージがありますが、合皮のシューズはそれほど長持ちするものでもありません。

金額がそれほど高くないことを利用して買い替えていくことを前提に買っていってもいいかもしれません。私は完全に雨用と割り切って2~3シーズンごとに買い替えています。

まとめ

いかがだったでしょうか。

雨の日のメンズビジネスシューズは合皮がおすすめということをご紹介いたしました。
雨の日用に買うには合皮のシューズのコストパフォーマンスがいいのではないかと思います。

もしよければ、お店やネットでいいものを探してみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました