お風呂掃除を簡単するには!掃除の頻度が少なくてもきれいに保つ方法

ライフハック
スポンサーリンク

日々のお風呂掃除って大変ですね。梅雨の時期などは特にカビも気になります。

でも、バスルームの掃除って本当にめんどくさいですよね。手間をかけずバスルームをきれいに保つにはどうすればいいでしょか?

実は、この記事で紹介する方法を実践すると、誰でも簡単に手間をかけずバスルームをきれいに保つことができます。

私も以前は掃除をさぼってしまい、バスルームはカビだらけででした。しかし、引っ越しを機にこの方法を実践し、今のところきれいな状態を保てています。

この記事ではその方法をご紹介させていただきます。

非常に簡単な方法なのですぐに実践していただけるかと思います。

 

バスルームに極力ものを置かない

バスルームはいろいろなものが置かれます。お風呂のふた、洗面器、タオル、ブラシ、シャンプー、リンス、ボディソープ、掃除用のスポンジ・・・。子供がいればおもちゃなどもあるかと思います。

本当に必要なものを吟味してバスルームには極力ものを置かないようにしましょう。

なぜ、ものを少なくしたほうがいいのでしょうか。

 

物があると掃除が大変だし、置いてあるもの自体が汚れていくから。

まず、ものが置いてあるとその部分を掃除するために移動させる、という作業があります。シャンプーが置いてあれば、それをどかさなければなりません。おいてあるものをどかす、掃除する、元の位置に戻す・・・の繰り返しです。非常にめんどくさいですね。ものがすくなければそれ自体をする必要が少なくて済みます。

また、バスルームは家のほかの場所と違い、常に湿気にさらされています。なので、そこにおいてあるものは常に湿気とカビが生える危険にさらされています。お風呂に入るときに確実に必要なものだけを残し、掃除道具などは洗面所などにおきましょう。

私のバスルームは必要なものを吟味した結果最終的にバスルームには以下の2つだけになりました。

一人ぐらしで基本的にシャワーしか使わないので、お風呂のふたは使わない、お湯につかることが少ないので洗面器は使う機会が極端に少ないので不要、体を洗う時は立っているので椅子も必要ないです。

お風呂掃除のときに使う掃除用品(スポンジ・洗剤)は洗面所にしまうことにしました。

 

バスルームをすっきりさせ、時間も短縮できる!全身シャンプーを使う

シャンプー・リンス・ボディーシャンプーは全身シャンプーを使うことでひとつにすることにしました。これで3ついるボトルが一つで済みます。シャンプーなどにこだわりがある方は難しいかと思いますが、特にこだわりがない方にはお勧めです。

 

バスルームにものを置かないメリット

掃除に時間がかからない

バスルームにものが少ないとものをどかす時間が必要ありません。また、お風呂にあるものは常に湿気にさらされ、常にカビが生えるリスクがあるので一つ一つのものを洗う必要があります。ものがなければその手間がありません。

汚い場所がわかる

洗面器がおいてあると、その下や影になる部分はどかさないと汚れているかわかりません。長年おいてあるものをどかしたらカビでびっしり・・・。なんてことも十分ありえますね。

また、汚れている場所が見てわかるので毎日掃除しなくても、汚れてきたら掃除すれば十分です。

物がないとすっきりする

当たり前のはなしですが、物がないとそれだけでそのスペースがすっきり見えます。スペースはもので埋めずに、余白を楽しみましょう。

デメリット

掃除用品を持ってくる必要がある

掃除用品などはその際持ってくる必要があります。洗面所がなかったりするとそれをしまうスペースなども必要になります。バスルーム以外にスペースがないとものを出すめんどくさいかもしれません。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

お風呂掃除の頻度が少なくてもきれいに保つ方法をご紹介しました。

バスルームの物を減らすことでお風呂場をきれいに保てます。

非常に簡単なのでぜひ実践してみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました