一人暮らしの料理の作り置きが簡単にできる便利グッズ、ダイソーのシリコーン保存袋をレビュー

一人暮らし
スポンサーリンク

料理をたくさんつくったときの作りおきの保存はどうしていますか?先日ダイソーで料理の作り置きに便利な商品「シリコーン保存袋」を見つけました。

思いのほか便利だったのでこちらの商品をご紹介させていただきます。

シリコーン保存袋はどんな商品?

料理を作る際、余った料理をジップロックなどに作り置きすることは多いかと思います。

野菜スープなどを大量に作り余ったものをジップロックなどに入れ冷凍することが多かったのですが、ジップロックで冷凍すると取り出す際に破れてしまうことが多くて困っていました。

また何度も使おうと思ってもジップロックはビニール製なので耐久性が弱く数回使うと穴が開いたりしてしまうのも難点でした。

ジップロックに代わるものはないのかとAmazon などで探してみたところ、シリコン製で何度も利用できる保存できるシリコンの保存容器があるということを知りました。


しかしこの商品は1000円〜3000円くらいと結構割高で、保存用に複数用意しようと思うと結構な金額になるのが難点だなぁと思っていました。

そんなことを考えながら先日ダイソーに行ったところこのシリコーン保存袋を見つけました。

シリコーン保存袋の特徴

ダイソーのシリコーン保存袋は340MLと680MLの2サイズあります。料理を多めに作ることが多いため680MLのものを購入しました。

本体はシリコンで出来ており口を閉じる部分はスライドで蓋をすることができます。シリコン製なので厚みがあり、冷蔵庫内に立てて収納することもできます。

上部に引っ掛ける部分もあるので収納する時にひっかけておくこともできます。

見た目もシンプルですっきりとしたデザインです。中身の MAX の LINE はついています。

ダイソーの200円の商品です。ダイソーで考えると高いと思いますが、Amazon では同じような商品が1000円以上するのでコスパは非常に良いのではないかと思います。

シリコーン保存袋のメリット

冷凍も冷蔵もできて丈夫

汁物でもこぼれることなく保存でき、またビニールではないので破れる心配もほとんどありません。料理を入れたらそのまま冷蔵庫に入れることも出来るし冷凍しても大丈夫です。

野菜スープを作ったので入れてみました。一人暮らしにはちょうどいいサイズです。

またジップロックと違いかなり丈夫なので洗って何回も使えます。ジップロックも洗って使うこともできますが何度も使用すれば破れたりするし、洗っても内側が乾きづらかったりするのでなかなか何度も同じものを使うのは大変でしたが、シリコーン保存袋は丈夫なので気軽に使うことができます。

そのまま電子レンジで使える

また、スライドの蓋を取ればそのまま電子レンジに入れて加熱してもオッケーなので調理の手間がかなり省けます。ものによってはそのまま電子レンジから取り出して食べることもできます。一人暮らしだと洗い物も少なくしたいので非常に便利ですね。

立てたまま収納できるので収納スペースも少なくて済む

中身を入れればそのまま自立するデザインになっているので、そのまま冷蔵庫に入れることができます。冷蔵庫の中の場所もあまり取らないのですっきりと収納することができます。

まとめ

ダイソーのシリコーン保存袋のレビューでした。

手軽に料理の保存ができるので自炊がとてもはかどります。ダイソーに行った際は一度チェックしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました