プレゼンで緊張して失敗してしまう…プレッシャーをはねのける方法

ライフハック
スポンサーリンク

仕事をしているとプレゼンテーションやスピーチなど人前で発表する場面があったりします。

そんな時プレッシャーに負けていつもの力が発揮できないことがあったりしないでしょうか。

そんな時、落ち着いてあることをするとプレッシャーをはねのけ、集中力が高い状態で臨むことができます。

今回はプレッシャーをはねのける行動をご紹介したいと思います。

この記事を読み終えると、人まで発表する場面でも緊張することなく力が発揮できると思いますよ。


こんな方にオススメ

  • 人前で話すときに緊張して失敗してしまう方
  • 緊張すると慌手てしまい力が発揮できない方

 

大舞台では動作を「スロー」にする

人前で発表する場面など、緊張感がある場面だとどうしても話すスピードが速くなってしまいますよね。

そこで話すスピードを意図的にスローにしてみましょう。ゆっくりとしゃべり焦らないように行動することで、焦っている自分認めて、自分で自分を客観視する余裕が生まれます。その結果として集中力高くプレゼンやスピーチに臨むことができます。

集中力を高めるにはすべての動作を意図的にスローにする

これは、スポーツの世界でも同じことがいえます。

ゴルフのパットなどプレッシャーのかかる場面ではどうしても行動がてきぱきと早くなってしまいます。
しかし、「このパットは外せない」という場面ではプレッシャーがかかると、どうしても緊張によりミスを呼び込んでしまうことになります。

そこで、プレー中の行動を意図的にスローペースにすることで、緊張やプレッシャーをはねのけて、集中力を発揮させることができるのです

筆記の試験や面接などでも焦らない

これは、筆記試験などの場面でも使えるライフハックです。焦って問題を解こうとしてしまいなかなか集中できない人は、あえて落ち着いて、自分の名前をゆっくり書いてみましょう。丁寧に書いてみてもそんなに時間の無駄にはなりません。

焦っていることを意識してゆっくりと行動をすると、自分を客観視する余裕ができます。

その結果として集中力を高めることができます。

面接なども同じですね。自分をよく見せようと思えば思うほど、話は早くなり、面接官の人にも伝わりにくくなってしまいます。

深呼吸してわかりやすく、伝えることを意識してゆっくりと話ましょう。

 

物事うまく進められる人は様々なライフハックを駆使しています。いろいろなライフハックになる本を読んでみるとためになりますよ。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

集中したいここ一番でプレッシャーをはねのける方法をお送りいたしました。
ゆっくりと行動することを意識して行うことで集中力をアップできます。もしそんな場面があったら意識してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました