一人暮らしの節約術!5つの固定費見直せば毎月の支出は削減できます

一人暮らし
スポンサーリンク

一人暮らしをしてみると、意外にお金を使うことがわかります。

節約しよう!と思って食費を削ったり、友達と遊びに行くのを我慢したりしていませんか?

実は固定費を先に見直して無駄な固定費をカットしたほうが節約は簡単で効果は大きいです。

一人暮らしでも固定費を見直せば、毎月の支出の1~3万円くらいは節約可能です。

この記事では見直すべき固定費を5つご紹介いたします。

固定費を節約するメリットは?

固定費とは、毎月金額が決まっていて日々の行動や選択に関係なく一定額がかかる費用のことです。

一人暮らしをしていてかかってくる主な固定費は


  • 住居費
  • 光熱費
  • 通信費(携帯電話、スマートフォン、インターネットなど)
  • 生命保険の保険料
  • 車の維持費、駐車場代

などです。これ以外に動画や音楽の配信サービスなどの定額料金なども含まれます。

固定費を削減するとなぜいいかというと、一度コスト削減に成功すると、後は継続的に節約が継続できるからです。食費のように毎月考えて行動しなくても初めに金額を下げてしまえばそれ以降は同じ金額で済みます。
なので、節約を考えた場合はまず、固定費の見直しをするのが、節約の第一歩になります。

まずは割合が大きい部分から

エアコンをまめに切ったり、家電をまめにコンセントから抜いたりといったことは手順が多いわりに節約の割合は小さいです。固定費のなかでも、まず初めにコスト削減の対象にするのは、家計支出に占める割合が大きいものから考えましょう。

 

住居費の見直して節約

一人暮らしであれば、おそらくほとんどの方が賃貸だと思います。住宅費は今住んでいる部屋の金額を下げるのは難しいので、思い切って家賃が安いところに引っ越すしかありません。引っ越し自体にお金がかかってしまいますが、現状より安いところに住めば長い期間でみると安くなります。

安い部屋を簡単に見つける方法

簡単に安い部屋を探すには、まずは、部屋探しのサイトで住みたいエリアを探し、必要な条件をチェックし、一番金額が安い部屋から順にみていきます。

そして、順番にいい部屋をピックアップし、実際に不動産に行って安い部屋を見せてもらいましょう。実際に見ていって、一番テンションが上がった部屋が一番いい部屋です。

ポイントは現在の家賃より安い条件にしておくこと。そうすれば、今より節約できてお気に入りの部屋に住むことができます。

また、祝い金がもらえるサイトから申し込むと契約後に申請することで祝い金をもらうことができます。最大10万円までもらえるのでそちらもうまく活用しましょう。

金額を考えシェアハウスも視野に

金額を考えると、シャアハウスも視野に入れてもいいかもしれません。
シェアハウスの大きな魅力のひとつは生活費、初期費用がリーズナブルで、入居の初期費用や生活費などが抑えられることです。

 

光熱費の見直して節約

電気代とガス代は、現在はどちらも会社・プランを選ぶことができるので見直しで節約ができます。

2017年4月から始まった都市ガスの自由化に伴い、当初から展開されていた料金割引サービスはさらに充実しています。
主なプランはどれも都市ガスよりも基本料金が安いので契約をするだけでお得になっています。

また、支払い方法をクレジットカード払いにすることで支払い時にポイントをつけることもできます。クレジットカード払いも初めは手間ですが一度設定しまえば、その後ずっとポイントが付きます。クレジットカード払いも検討してみましょう。

通信費の見直して節約

通信費の主にスマホと部屋でのインターネット通信の料金の見直しがあります。こちらも契約している会社を変えてたり、プランを見直すことで毎月の支払いを削減できます。

スマホの料金の見直し

現在使っている通信会社でも、長いこと使っていると料金プランが変わっていることがあります。ネットでも確認できますが、ショップへ行って聞いてみると安くなっている料金プランがあれば説明してくれます。色々なオプションを追加されることがあるのでよく話を聞いて不要なオプションは外しておきましょう。

インターネット料金の見直し

インターネットの固定回線を自宅にひいている方は、自宅でのインターネットの利用状況を振り返ってみましょう。通信速度をあまり必要としない使い方をしているのであれば、モバイルWi-Fiルーターに切り替えるのも一つの方法です。端末さえあれば基本料金は無料使った分だけ利用できるWiFiも登場しています。

あるいは自宅でのインターネット使用頻度が少ないければ、スマホのテザリングですましてもいいかもしれません。

 

生命保険の保険料の見直して節約

若いころに親に勧められてなんとなく入った保険などはないでしょうか?
人生の中で何度か保険に加入するタイミングはあると思いますが、本当にその保険が必要かどうか考えてみましょう。独身で一人暮らしをしているのであれば、生命保険は基本的に必要ありません。

一度保険の内容をチェックしてみましょう。保険は内容が複雑なので本当に必要なのか調べてもなかなかわかりません。
必要かどうか判断が難しい場合は保険の見直しの相談だけでもしてみましょう。私も保険の見直しをして、不要な保険はすべて解約しました。

また、保険見直しだけでなく「家計チェック」「賢い貯蓄方法」「賢い節税方法」「住宅ローンの見直し」「住宅購入のコツ」などの相談やアドバイスなども無料で行ってくれるので利用してみましょう。

 

車の維持費、駐車場代を見直して節約

自動車は所持しているだけで、保険、車検の金額はかかるし、ガソリン代やオイルなど定期的にお金がかかります。また、駐車場代も家賃とは別にかかってきます。

生活スタイルや住んでいる地域にもよりますが、カーシェアが利用できるのであれば利用を考えてみてもいいかもしれません。

カーシェアとは?

カーシェアとは特定の自動車を会員間で共有し、好きなときに借りることのできるサービスです。15分程度の単位から車を借りられ、短時間の利用であればレンタカーより割安にできます。短時間・高頻度で車を使いたいという人に向いているいます。

私は、今年の引っ越しの際、カーシェアが近くにあったので、思い切って所有していた車を手放しました。これで、車の維持費、駐車場代というかなりの固定費を削減できました。車が必要な時はカーシェアで…と思っていたのですが、まだ一度も利用していません。駅の近くであることもありますが、意外と車がなくても生活できるということがわかりました。

なので、一人暮らしであれば思い切って車を手放してみる、というのを選択してみてもいいかもしれません。

自動車を高く売るためには?

タイミングが合えば3万円で査定された自動車も10万円で買取してもらうことも可能です。その時の話をまとめていますので車の高価買取に興味がある方はこちらの記事もあわせて読んでみてください。

 

まとめ

5つの固定費見直すと、苦労なく毎月節約が可能になります。
毎月の支払いで苦労している方は是非チャレンジしてみてください。

最後まで読んで読んでいただきありがとうございました。

コメント

  1. […] 一人暮らしの節約術!5つの固定費見直せば毎月の支出は削減できます […]

タイトルとURLをコピーしました