Go to Eat キャンペーンはテイクアウトや持ち帰り、宅配で使える?

節約
スポンサーリンク

いよいよGo to travelキャンペーンが開始されました。

お得な制度で利用価値は高いですが、利用するかは新型コロナウィルスの感染防止を考えるとなかなか難しいところですね。

そんな中、Go to キャンペーンの一環の一つ、Go to Eatキャンペーンの飲食店への公募が開始されました。

7月21日から開始した公募は、オンライン飲食予約サイト事業者、食事券発行事業者、実績確認事業者等を公募するものです。

緊急事態宣言時には外食自粛で店舗が開いている時間が短かったり、テイクアウトや宅配の利用が多かったです。

Go to Eatキャンペーンではテイクアウトは使えるのでしょうか?調べてみました。

 

Go to Eatキャンペーンとは?

Go To Eatキャンペーンは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う外出の自粛等の影響により、甚大な影響を受けている飲食業に対し、期間を限定した官民一体型の需要喚起を図るものです。

参加飲食店は、業界ガイドラインに基づき、感染予防対策に取り組んでいることを条件とし、その取組内容を掲示するとのことです。

それ以外にもどのように使うのかはご紹介しました。

 

Go to Eatキャンペーンはテイクアウトや持ち帰り、宅配で使える?

7月22日に店内での飲食だけでなく、宅配やテークアウト、持ち帰りについても新たに発行するプレミアム付き食事券で支払えるようにすることが発表されました。対象を幅広くして使い勝手を良くし、飲食店の支援強化につなげるようです。

感染の拡大を受けて宅配やテークアウトのニーズが増えています。実際に利用する消費者にとってはこちらの方が利用は多いかもしれませんね。

 

プレミアム付き食事券とは?どのくらいお得?

農林水産省HPより

 

プレミアム付食事券は購入額の25%分を上乗せした食事券です。登録飲食店で使えます。

例えば、1セット1万2,500円を1万円で購入できます。

現在、地域の飲食店で使える食事券の発行事業者を都道府県、政令指定都市及び特別区単位で公募しています。

1回の購入当たり2万円分の購入制限があり、例では2セット/人までになります。

販売期間は、2021年1月末までで、有効期限は3月末までになります。

 

テイクアウトで使えることを考えるとかなりお得な制度になるかもしれません。宅配サービスで使えるのであれば、外出による感染の心配も少ないし、25%分の上乗せは大きいですね。賢く利用したいですね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

Go to Eat キャンペーンはテイクアウトや持ち帰り、宅配で使えるかどうかまとめました。

テイクアウトや持ち帰り、宅配で使えるようなので賢く使っていきたいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました