40代からでも老後資金2000万円以上を貯蓄できるお金の貯め方【つみたてNISA・idecoを活用】

節約
スポンサーリンク

老後資金2000万円以上必要と言われて久しいですね。

とてもそんな資金用意できないという方もたくさんいるのではないかと思います。

2000万円といえばかなりの大金です。大掛かりな投資や自分で事業を起こしたりしなければ達成できないのではないかと考えてしまいがちです。

しかし2000万円貯蓄するというのはやり方をちゃんと考えて実践すれば実現可能です。

私は現在40代前半ですが四十歳からスタートして六十歳までに何もしなくても貯蓄できるように仕組み化しています。

特に収入が多いわけでもない平凡なサラリーマンの私ですが老後資金に対してあまり不安を感じていません。

今回はその方法をご紹介させていただきます。

自動で資産が貯まるように自動積立を利用する

2000万円は莫大な金額ですが四十歳から60歳までの20年間を使って貯めると考えるとそれほど難しいことではありません。

20年で2千万円ということは10年間で一千万円貯めることになります。

ということは1年間で100万円貯めれば良いです。1年間で100万円貯めるためには単純計算で1ヶ月8万円から9万円くらい貯金できればいいわけです。

とはいえなかなか8万円も毎月残そうと思うと大変です。そこで毎月自動的に同じ金額を積立てくれる仕組みを利用します。

これをうまく使えばあとは何もしなくても自動的にお金は貯まります。

つみたてNISA と ideco を利用しよう

給与が入った時に自動で他の口座に振り分ける設定をするとそのぶんのお金は何も考えなくても貯蓄できます。

貯蓄でも全く問題ないですが可能であればその金額をそのまま自動で積立投資で長期間積み立てるととさらに複利の効果も期待できます。

私はつみたてNISA と ideco を利用しています。つみたてNISA と ideco は毎月自動で設定した金額を積立投資してくれるものです。

つみたてNISA と idecoをざっくりと説明すると

つみたてNISA

  • 非課税期間が20年ある
  • 運用益に対する税金を優遇
  • 途中で引き出せる
  • 年間40万円まで

ideco

  • 所得控除がある
  • 運用益に対する税金を優遇
  • 60歳まで引き出せない

という特徴があります。

税金がかからないということだけでもかなりお得です。特にideoは60歳まで引き出せないというデメリットはありますが、所得控除がありこれが長期の総額でみるとかなりお得です。

積立投資はリスクの少ないインデックスファンドを選ぶ

投資と聞くと危険なイメージがある方もいるのではないかと思います。私もどちらかと言うと印象は良くないイメージがありました。

つみたてNISA やidecoで行う投資はインデックスファンドを利用しています。

私も初めは何をどうしていいのかわかりませんでした。何冊か投資関係の本を読んでみたのですがこちらの「山崎元の“やってはいけない”資産運用 もう銀行・証券会社にだまされない!」がわかりやすかったです。


やるべき投資とやらないほうがいい投資が解説されているので投資に興味があるけどよくわからない人にはお勧めです。イラストで解説してありわかりやすいです。

私も始める前はもちろんインデックスファンドもわからなかったし、何を選んだらさっぱりわかりませんでした。

山崎元の“やってはいけない”資産運用 もう銀行・証券会社にだまされない!」には何をどの割合で選ぶといいのかも書いてあります。リスクが少なく長期的にみて少しづつ着実に増えるものが紹介されているので何もわからない自分には非常に勉強になりました。

インデックスファンドは投資信託の中でも比較的リスクは少ないと言われています。もちろんリーマンショックやコロナショックのようなことが起これば元割れの可能性もあります。

私はコロナショックの前から始めていますがその時は一時的に元割れをしていました。しかし慌てることなくそのまま放置していたら現在はコロナショック前のところまでは戻っているようです。

インデックスファンドは長期間積み立てることを前提に考えられているので短期間の上昇下落に一喜一憂することなく20年スパンで考えて積み立てていきましょう。

40歳から始めても2000万円に間に合う積み立て方法は

私の場合ですが、つみたてNISA は年間40万円までで毎月33333円まで積み立てています。はじめに設定した金額で自動で積み立てられるので後は何もすることがありません。

ideco は会社が用意している企業拠出型年金です。これで毎月55000円が自動で積み立てられます。

この二つにより毎月88333円が自動で積み立て投資していることになります。

このまま問題なく六十歳まで働くと2,000万円以上の金額が貯蓄されていることになります。

これは40歳からスタートした場合の金額で、私の場合はそれ以前から貯蓄をしていたので老後の資金に関してはそれほど悩むこともなく現在は暮らして行けています。

積立型の投資にもなっているので貯金で銀行に預けているよりも複利で増えているはずです。

もちろんこの先現在勤めている会社で働けるかも分かりません。この貯蓄金額が続けられるかも分かりません。

それでも仮に10年続けることが出来れば一千万円は貯金できていることになります。なので早めにスタートできるのであればスタートしておくと良いのではないでしょうか

まずはお金を使わずに資産を貯める

とはいえ毎月の給与から8万円引いても生活できるだけの金額がないとこの方法は実現できません。

給与自体が少なくて毎月がカツカツな人はまずは収入を増やすことを考える必要があります。少なくとも8万円近い金額を差し引いても生活できるだけの収入がないといけません。

毎月の生活にかかる金額を計測し、不要な出費がないかチェックしましょう。そして、8万円でなくてもできるだけ使わない金額を残すことで少しでも資産を形成行くのがいいのではないでしょうか。

給与はそこそこだが支出が多い人はまずは使わないことでお金を貯めることを考えましょう。お金を使わないことが資産を作るための一番の近道です。

まずは固定費の見直しや無駄遣いがないかをチェックして毎月の支出を出来る限り抑えながらも楽しく生活できる方法を考えましょう。

お金は使わないことが一番の資産を作る近道であることはたくさんの本でも紹介されています。

まとめ

40歳から老後資金2000万円以上を貯蓄するために実践していることをご紹介しました。

つみたてNISAやidecoなど資産を作るために優遇された制度は難しそうですがせっかくなので使わない手はありません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました